Hazy Bathsie / ヘイジーベイジー

別府ブルワリー / Beppu Brewery
スタイルIPA - Hazy IPA / ヘイジーIPA
ABV6.0%
IBU-

3.6★★★☆☆

トロピカルフルーツアロマのHazy IPA。圧倒的にフルーティなホップアロマはマンゴー、パイン、ネクタリン、マスカット!南半球産ホップの可能性をお楽しみください。
今回使用したホップは、オーストラリア・ニュージーランドなどの南半球産Motueka, Nelson Sauvin, Galaxyとアメリカ産Simcoe。南半球ホップでまとめてトロピカルフルーツアロマを狙いに行きました。ただし、ホップだけのビールにならないようにモルトも工夫して3種のレイヤにオーツのスムース感を足しました。
通常の仕込みに加えて2種類のホッピング方法を追加しました。一つは、低温でのWhirlpool Hopping。通常Whirlpool Hoppingは煮沸直後に行われ、麦汁が沸騰していない分、苦味の抽出を抑えてホップアロマとなるエッセンシャルオイルなどの香り成分の揮発も抑えながら麦汁に溶かします。しかし、それでも温度は100℃近いのでエッセンシャルオイルの揮発はある程度仕方がないものです。一方で、今回は煮沸後に麦汁の温度を少し下げてからWhirlpool Hoppingをすることでエッセンシャルオイルを出来る限り麦汁に取り込みました。これはホップが原因となる汚染や低温によるオイルの溶けにくさの問題もありますが、衛生管理と時間管理にこだわり実現しました。
もう一つは、発酵中のDry Hopping。Dry Hoppingはタイミングごとに香りが変化して現れます。これまでは発酵後に行い、すでに出来上がったアルコールにエッセンシャルオイルを乗せることをしてきました。それによりホップのフレッシュさ、グリーンさも現れます。一方で発酵中に行うと、タンク溜まるガスを逃がすためにある程度ガスと一緒に香りが逃げますが、香り成分をイーストが取り込むことでまた異なった香りが出来ます。
これまで以上のホップを使用して、低温Whirlpool Hoppingと発酵中・後のDry Hoppingを重ねることで、ホップのキャラクターを出来る限り引き出せるようにしました。
テイスティングとしてはトロピカルフルーツアロマの香りがメインで、特にマンゴー、パイナップル、ネクタリン、パッションフルーツ、パパイヤのキャラクターが感じられます。抜けにグラッシーさとかすかなダンクさもあり。また、ホップだけでなく、抜けで少しライトなカラメルも表現出来ています。ライトめなボディでキレており、パイントでも全然余裕なHazy IPAに仕上がったと思います。
Hazy IPAは流行の中心であるだけに、多くのブルワリーで作られています。新たなホップの品種も出てきて、その目新しさや珍しいアロマなどが注目され、私たちブルワーもさらに感化されて、新作をどんどん出している状況にあります。その中で自分たち別府ブルワリーが作るHazyとはどんなものなのか、別府ブルワリーらしいHazyとは、というのをこれからも詰めていければと思います。
ちなみに、南半球ホップゴリゴリのHazy IPAはヘッドブルワーが過去にアルバイトしていたバーでよく扱っていたため、新しいビールのようで少し懐かしい気分にもなりましたとさ。

Hazy Bathsie| DDH Hazy IPA | 6.0

最新のレビュー

ふみふみさん
別府ブルワリー / Beppu Brewery

3.6★★★☆☆
7ヶ月前

湯上がりに飲みたいヘイジー。この時はタップルームの限定でした。写真左。

ブルワリー

このブルワリーの他のビール

こちらのビールもおすすめ