Java Finch / ジャワフィンチ

Inkhorn Brewing / インクホーン ブルーイング
スタイルIPA - West Coast IPA / ウエストコーストIPA
ABV7.0%
IBU-

4.3★★★★☆

蜜柑っぽいさらっとしたオレンジのような爽やかさに橙のような苦さとフルーティさが合わさった柑橘感を楽しめる仕上がりになりました。
ドイツ系のラガー酵母を使う予定であったためNova Lagerやエール酵母を使うよりもダンクな感じが抑えられそうな感じがしたのでホップの組み合わせを調整したところ、ダンク、オレンジ、まろやかな苦味といったコンセプト通りのアロマとフレーバーが再現できてます。
ダンク感が今回はPungentといった表現の方が合っていると思うぐらいそっち方面のキャラクターに振れているのでは。
シャープな苦味よりもじんわりと広がる苦味とそこに至るまでのアアロマとフレーバーを大事にしたかったので今までよりも多くのホップの品種を使っている感じがしますが飲んでみるとJava Finchらしさは残せていると思ってます。

「Java Finch 2024 #2」
Style: West Coast IPA
Abv. : 7.0%
Grains: Extra Pilsner, Wheat Malt
Hops: Citra, Nectaron, Idaho 7, Strata, Mosaic
Other ingredients: —
Yeast: German Lager I

--
2024年のJava Finchはレモンや蜜柑のような柑橘感が強めに出ていて、樹脂っぽいオイリーさとダンクな草っぽさが苦味とほとんど同じタイミングで楽しめます。
2023年後半にリリースしたSilvereyeの時から2023年収穫のGalaxyに扱いにくさを感じてしまっているためメインのドライホップがNectaronに変更となったのが大きな変化です。
それによってパイニーさが少し減って2023 verよりも少しキャッチーな印象が出ましたがCitraメインのクリアなIPAという部分でJava Finchらしさもあり以前のバッチを知っている人でも違和感なく楽しんでもらえるのでは。
Galaxyは大好きなホップの一つなので今後も組み合わせの中で使っていく考えはありますが、しばらく様子を見ながら調節していく予定です。

「Java Finch 2024」
Style: West Coast IPA
Abv. 7.0%
Malt: Extra Pilsner, Pilsner, Wheat Malt
Hops: Simcoe, Centennial, Citra, Citra Incognito, Citra Cryo, Nectaron
Other ingredients: —
Yeast: Nova Lager

-----
2023年のJava Finchはこれまでラガー酵母を使ってきましたが昔から好きなWhite Labs社のWLP 001が乾燥酵母になったと聞いて早速Java Finchでも試してみたくなり、Flycatcherに続いてドライのCalifornia Ale酵母での醸造となりました。
酵母投入時の温度はエールにしてはかなり低めにしましたが発酵3日目ぐらいから高めになって普段あんまりやらない事やった割に良いところに落ち着いてくれたのはこの酵母が優秀だからだと思ってます。
ちょっと暗めの湿った草っぽいダンクな香りから入って、グレープフルーツ、マンゴー、パイナップル、後味にメロンを思わせる明るいテイストで、明け方に文鳥がケージの中で羽繕いしてる音が聞こえてる感じの仕上がり。
リリースしてすぐのフレッシュな間はCitra由来と思われるメロンっぽいフレーバーが他より強めに楽しめる仕上がりとなっていて、時間が経って色々と落ち着いてくると柑橘香とかフローラルな感じもわかるようになるかなって勝手な予測たててます。

「Java Finch 2023 #4」
Style: West Coast IPA
Abv. 7.0%
Malt: Extra Pilsner, Pilsner, Extra Pale Ale
Hops: Citra, Nelson Sauvin, Strata CGX, Mosaic Incognito, Centennial Incignito, Citra Cryo, Galaxy
Other ingredients: —
Yeast: WLP 001 California Ale Yeast (Dry)
2023年10月リリース

---
今回のJava Finchは2年前のInkhorn Brewingファーストバッチに近い仕上がりを意識してのつくり。時期的にちょうど2年前の2021年4月にファーストバッチの仕込みをしていてGW明けぐらいのリリースを目指していた所に飲食店でのアルコール類提供禁止があったことなど、飲みながら色々と思い出す事が多くありました。
実際のファーストバッチのリリースは、IPAなのにしっかりとタンクでラガーリングされてリリース予定日から6-7週間遅れての6月21日となりましたが、今回は出来たての状態から楽しめます!
Chinook由来のパイニーさ、Galaxy, Citra, Chinookが合わさったレモンのような柑橘香、Galaxy, Citra由来のパッションフルーツのようなフルーティさにドライな飲み口からIdaho 7由来のちょっと青っぽいダンク感とほぼ同じタイミングでくる最後の苦味まで、気温が上がってきた時に飲みたくなる西海岸系のIPAに仕上がったと思ってます。

「Java Finch 2023 #2」
Style: West Coast IPA
Abv.: 7.0%
Malt: Simpsons Extra Pale Ale, Ireks Pilsner, Golden Promise, Weyermann Premium Pilsner, Rahr 2-row, Dextrin Malt
Mash hop(s): —
Kettle hop(s): Indie Hops Cascade
Whirlpool hop(s): YCH Idaho 7
Hopback: Citra Incognito, Chinook Incognito
Dry-hop(s): Citra Cryo, Galaxy
Other ingredients: —
Yeast: Nova Lager
2023年4月リリース

--
Java Finchが2023年仕様になって帰ってきました。前回から色味が少し明るくなり、オーツの量を大部分スペルトモルトに置き換えたことにより、文鳥の丸味のあるフォルムを想起するまろやかな感じがシルキーな雰囲気に変わって、換羽を終えたばかりの文鳥のツヤツヤな羽っぽさが出ています。2022 ver.にはドライホップで入っていたIdaho 7をワールプールに置き換えてみましたが相変わらずのダンク感ははっきりとあり、パイニー、パッションフルーツ、甘い柑橘香などのJava Finch的要素はしっかりと残ってます。酵母をメキシカンラガー酵母でのエール温度帯発酵に変更した事により、ドライさが増してドリンカビリティが上がったのではないかなって思ってます。

「Java Finch 2023」
STYLE : West Coast IPA
ABV : 7.0%
Malt: Extra Pale Ale, Golden Promise, Spelt Malt, Dextrin Malt, Golden Naked Oats
Mash hop(s): —
Kettle hop(s): Citra
Whirlpool hop(s): Idaho 7
Hopback: Citra Incognito
Dry-hop(s): Galaxy, Citra Cryo
Other ingredients: —
Yeast: Mexican Lager Yeast
2023年2月リリース

--
2021年6月にリリースしたJava Finchとは造りが全く違うものでアルコール度数や苦味の強度、飲み口、色味など全て違っているので別のビールですが、今後Java Finchのベースをこちらにして定番化を試みています。クラシカルなWest Coast IPAのシャープなニュアンスを文鳥のフォルムのように丸く優しい感じにしつつ、実は気性の荒い文鳥の性格のような苦味で最後をまとめる構成となってます。
オレンジよりの柑橘、パイニー、パッションフルーツ、ダンクな感じが出ていて西海岸よりなのにちょっと柔らかいニュアンスを持たせたIPAを楽しんでもらえたらと思ってます。

「Java Finch」
Style : West Coast IPA
ABV : 7.0%
Malt: Extra Pale Ale, Golden Promise, Dextrin Malt, Oat Malt
Mash hop(s): Citra
Kettle hop(s): —
Whirlpool hop(s): Citra Incognito, Citra Cryo
Dry-hop(s): Galaxy, Citra Cryo, Idaho 7
2022年11月リリース

--
Inkhorn Brewingの記念すべきファーストバッチ。 パッションフルーツ、マンゴー、パイナップルなどのトロピカルフルーツ系の香りにピンクグレープフルーツやレモンのようなニュアンス。West Coast IPAだが苦味控えめ、ドリンカブルな仕上がりになりました。

First batch to be released from Inkhorn Brewing. Aroma and flavor profile: Passion fruit, Mango, Pineapple, Lemon zest, Grapefruit, and Pine. Bright, crisp, and refreshing. Slightly less bitter, and slightly more drinkable compared to a classic West Coast style.

「Java Finch」
Style : WEST COAST IPA
ABV : 6%
Malt : Pilsner, Vienna, Carapils, Honey Malt, Wheat Malt
Kettle Hop : Michigan Centennial
Whirlpool Hop : Michigan Chinook
Dry-hop : Galaxy, Citra
2021年6月リリース

最新のレビュー

デカプリ子
Tap & Crowler / タップ & クロウラー

4.3★★★★☆
6ヶ月前

めちゃ今っぽいホップ香る

ピボ
INKHORN BREWING / インクホーンブルーイング

3.8★★★☆☆
9ヶ月前

デカプリ子
Tap & Crowler / タップ & クロウラー

4.2★★★★☆
10ヶ月前

濃厚オレンジパッションフルーツトロピカル、パイニーさもほどよく苦味もそこそこ、ボディはほどよく、とてもクリーン。めちゃ香るうまし。

muraya

4.7★★★★☆
約1年前

文鳥かわいい。フローラルアロマ漂うクリアできめ細やかな舌触りのIPA。わりと苦味も感じて見た目よりも飲み心地は力強い。飲む前も飲んだ後も香りがとても強くて気持ちいい。おいしい

ピボ

4.2★★★★☆
約1年前

旨いし、パッケージがオシャ。

めーたん
Ben's Slop Shop / ベンズ スロップショップ

4.3★★★★☆
3年弱前

パッション系のにごジューシー!パイン、マンゴー、トロピカル!
苦味もガツンとあってドライなバランス感がまたよき。

デカプリ子
INKHORN BREWING / インクホーンブルーイング

4.3★★★★☆
3年弱前

グレフルパッションフルーツトロピカル、苦味もしっかり目、クリアめ。うまい。楽しみにしてたファーストバッチ、期待を軽々超えてくるうましです。

ブルワリー

このブルワリーの他のビール

こちらのビールもおすすめ