Meadowlark / メドーラーク

Inkhorn Brewing / インクホーン ブルーイング
スタイルピルスナー - Pilsner / ピルスナー
ABV5.5%
IBU-

4.1★★★★☆

Hood to Fuji 2023のInkhorn Brewing × Foreland Beerのコラボビール

コラボビールの特徴
ヨーロッパ産のホップの一部がノーブルホップと呼ばれていて、オレゴン産ホップメインだとノーブルホップ中心のネオンピルスナーと同じキャラクターは難しいかなと思いつつ、オレゴン産のSterlingはSaazの遺伝子を持っているという部分に期待をして仕込みました。メインはこのSterlingに加えてCometというフローラル、ハーバル、シトラシーのバランスが良いクラシカルなアメリカンホップの組み合わせ。
使用した酵母もオレゴンの酵母会社のImperial YeastさんからGlobalという種類を使用しました。
アロマとフレーバーにはCrosby Hopsというオレゴン州のホップ生産者からEstate Grown Cometという完全にオレゴンだけで育てられたホップが強めに出ています。早生みかんのように酸味強めのみかん系の香りとフレーバーにハーバル感が混ざっていて、ネオンピルスナーのノーブルホップ感よりはやはりアメリカンホップのフレーバーがしっかり目。気温が上がってきて軽めのビールは欲しいけどホップは欲しいっていうニーズに応えられる仕上がりになりました。

ビールについて工夫した点や苦労したこと感想など
スタイルを相談している際にInkhornでネオンピルスナーというスタイルを作ったという話をしていたら、ほぼオレゴン産ホップでそれをやってみるとどうかといった話から今回の醸造にいたりました。

来場される方に一言
Inkhorn Brewingが提唱をしているNeon Pilsnerというスタイルを、こうしてForeland Beerさんとのコラボレーションという形でHood to Fujiでリリースできることを光栄に思っております。最初の1杯目、中盤の1杯、締めの1杯とシチュエーションを選ばないいつでも心地よく飲めるビートなっているので、ぜひ繰り返し飲んでいただきたいです。

--
Name:Meadowlark (読み方: メドーラーク)
Style:Neon Pilsner
Spec: Abv. 5.5%
Malt: Weyermann Premium Pilsner, Weyermann Pale Wheat, Ireks Spelt Malt
Mash hop(s): —
Kettle hop(s): Indie Hops Cascade, OR Sterling,
Whirlpool hop(s): OR Sterling, Hallertau Mittelfrüh
Hopback: Centennial Incognito
Dry-hop(s): Estate Grown Comet, OR Sterling
Other ingredients: —
Yeast: Imperial Global

最新のレビュー

クラフトビール好きニキ

4.1★★★★☆
8ヶ月前

イーストの香りが独特??

ブルワリー

このブルワリーの他のビール

こちらのビールもおすすめ